春の写真 桜のある風景を求めて 春の風景写真を撮る為に…河津桜の桜撮影

春の写真 桜のある風景を求めて 春の風景写真を撮る為に…

風景写真のブログ[空と海…繋がる世界]へようこそ!

桜の時季がやって来ましたね。

またしても…間引いた写真の晒しコーナーである。
桜の撮影は風景写真の撮影をしていても春の風景として表現しやすい景色ですね。

2015年、行きたかった河津にも行けなかった。

満開の日も確実に解っていて、その日は快晴だったにも関わらずである。
ええ‥そうです…
昨年の河津桜の写真を掘り起こし、現像しました。

広告


河津桜の桜撮影

春の写真 桜のある風景を求めて 春の風景写真を撮る為に…

春の写真 桜のある風景を求めて 春の風景写真を撮る為に…

昨年撮影した河津での河津桜です。
なぜお蔵にしているのか?[満開の河津桜と菜の花2014]の同日写真である。

あまりピンとこないでしょ?
同日に撮影したものも同じなんですけどピンとこないんですよ。
やっぱり花の撮影は向いてないかも…ww

ここ河津の河津桜並木は縦写真の方が良いのがあるんです。
自分が良いと思っているだけですが、縦位置の方が撮りやすかった。

特に桜並木の下は通路も狭いので縦にした方が表現しやすかったんですね。

縦位置の写真はブログにアップしないのでそのままお蔵INで、必要な時に現像するシステムです。
ええ…「システム」です。

花の撮影は苦手でも「桜」の季節になるとなんだかわくわくしますよね。

桜の撮影の「コツ」なんて無いかもしれませんが本当は順光なんでしょうね?

逆光で撮る事がほとんどなので、順光で撮るなんて滅多に無い…
曇り空が綺麗に撮れるんでしょうが、曇り空だと出かけないし…

桜もやっぱりピーカンの晴天よりもちょっとどんよりした方が撮りやすいですね。

だってほら…
照明当てるんだったらトレペ掛けるでしょ?

フラッシュ使う時だって、むき出しのスピードライト使う事も少ないでしょ。

光はやっぱりソフトな方が良いのですよ。
こういう場合はね。

広告

桜前線の予報が出ましたね。


そう…こんな風に呟いてみました。
こんなもん表示させなきゃいけないくらいになってしまったのか?
この風景写真ブログは…(笑)

全然相手にされてないし…(笑)

twitterの場合、最近の傾向としては、お気に入りにしてくれるけど、RTはされない…
そんな感じですかね〜

一昔前のひとつアップすれば700RTとかが懐かしいですな…www
まぁtwitterは現在bot化しているので、一週間に一度くらいしか見ないけど…

横道に逸れてしまいましたが、桜の撮影スポットってかなりあると思いますが、
見てると同じですね。

やっぱり有名な撮影ポイントって構図が同じになってしまう。

もちろん同じ構図でも上手い人は上手い。
なんでここでこんな感じに撮れるのか!
という写真もありますね。

「眼の付けどころ」って言いますけどまさに見ているものが違うんですよね。

河津桜お花見の攻略法およびアクセスなど「伊豆 河津の河津桜を攻略しよう」でご案内しております。
よろしかったらこちらもご覧ください。


横浜ウォーカー2018夏(7/19発売)
p60〜p61に掲載いただきました。

掲載関連記事「城ヶ島での星空撮影!
城ヶ島の星撮影に出かける時、湘南や鎌倉のグルメスポットもチェックしておきたいですね!

ぜひお手元に!


Posted by pix524