満開の河津桜と菜の花2014

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

風景写真のブログ[空と海…繋がる世界]へようこそ!
伊豆の河津も河津桜が満開ですがもう葉が目立ってきています。

河津はいち早く桜並木が楽しめる場所です。
春の訪れの早い河津の桜。

天気の良い日は河津でのんびり桜鑑賞が楽しめる。

河津川に降りて菜の花と桜を撮影するのも
楽しいですが、河原に座ってのんびりするのも風情があります。

[sponsor PR]

河津桜と菜の花

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

満開の河津桜と菜の花[SAKURA-Japan]

伊豆の河津桜は河津川の両岸が桜並木になっています。
2月から3月上旬まで楽しめる河津桜は
すでに葉が目立ってきていました。

河津の桜鑑賞の攻略法は
できるだけ早く現地に到着する事。

東京からのアクセスは、かなりの時間を要します。
しかもアクセスする道路が少ないので
どうしても車が集中します。

行きも渋滞なら帰りも渋滞。

朝の8時に着けば問題ありません。

[sponsor PR]

伊豆のアクセスや渋滞に関しては
他の記事で散々書いていますが
河津桜の時期はさらに注意しなければなりません。

河津町の駐車場はほぼ問題はありませんが
昼頃に入ると、駐車場も満車です。
駐車料金はほぼ1日500円ですのでとても良心的。

早い時間でも駐車でき、
後で駐車料金を払えば大丈夫な駐車場もあります。
早朝から河津入りができれば、
人もまばらで、朝の桜の花は元気が無いので
この時間に全景を撮っておきます。

9時頃になれば、観光客の大群が押し寄せます。

観光バスは平日でも40台近くやって来るため
河津川の両岸は竹下通り状態です。

こういう時間は桜のアップ写真を撮り始めます。

河津桜鑑賞の攻略法は、
朝早く行き、昼頃には離れる…といったところでしょうか?

河津桜は色が濃いので、青空に映えます。
河津桜の撮影方法も単純で、今回は三脚も使いませんでした。

菜の花をバックに撮れば、黄色とピンクで良い感じですね。

私は花の撮影は苦手なので
今回の河津桜の撮影は、かなり枚数が少ない…

もし機会があるなら、次回はライトアップを撮影したいですね。

河津桜お花見の攻略法およびアクセスなど
[伊豆 河津の河津桜を攻略しよう]でご案内しております。
よろしかったらこちらもご覧ください。

静岡県の伊豆半島にある河津は、本州でも最も早く桜並木を鑑賞できるお花見のスポットですね。毎年2月の上旬より「伊豆河津桜まつり」が開催されています。河津桜は、長い期間鑑賞できる桜ですので約1ヶ月近くも桜を楽しむ事ができます。

関連記事(一部広告含む)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyrighted Image(この画像は著作権で保護されています)