日中の写真

砂紋の撮影

更新日:

房総半島での撮影の後、
撮影地の近くの海岸で休憩。
その海岸に出来た砂紋(風紋)を撮ってみました。
早朝の砂浜は、足跡もなく、
見事な砂紋が出来ていました。
積雪と同じように、誰も歩いていない場所に
初めて足跡を付けるのは、なぜか気持ちよい。
PCの場合は画像クリックで拡大されます。

砂紋(風紋)

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

砂紋(風紋)

砂紋(風紋)

砂紋(風紋)

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

人は誰も歩いていませんが、
千鳥でしょうか?
鳥の足跡が砂紋に残っていました。

砂紋を撮る時は、朝夕が良さそうですね。
砂の山の陰が出やすいので、
起伏がよく解ります。

これは、砂紋なのか?風紋なのか?
という素朴な疑問が生まれたので調べてみたら
一緒でした。

[砂紋wikipedia]

砂浜に行けば、撮れなくない砂紋ですが、
意外に見受けられません。

九十九里浜なら沢山見られるでしょうね。

雲は多かったのですが、
青空が見えていましたので良い感じです。
多少寒い朝でしたが、
砂紋の撮影に没頭した途中下車。

全景は、あまり美しくなかったので
砂紋の良い角度を探し周りましたが
良い画角を見つけても、
自分の足跡で砂紋が崩れては台無しなので
かなり慎重に歩き回りました。

房総半島の海沿いの道を走っていると
道路の端に砂が沢山積もっている事があります。

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

かなりの量の砂ですので、
ハンドルを取られる事もあるくらいです。

関連の記事(広告も含まれます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-日中の写真
-, ,

Copyright© 空と海…繋がる世界 風景写真ブログ , 2017 AllRights Reserved.