朝日・朝焼けの写真

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

更新日:

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

神奈川県の真鶴半島にある三ツ石です。
三ツ石と朝日を絡めて撮影するためにやってきた。
今回は予行演習という感じです。
前回の三ツ石の薄明の続きです。
真鶴岬と三ツ石は、神奈川県景勝50選のひとつ。
素晴らしい名勝地です。
その三ツ石から昇る朝日は年に数日間。
今回は三ツ石の上に朝日を入れて撮影してみました。
PCの場合は画像クリックで拡大されます。

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影

真鶴岬の三ツ石と朝日を撮る為にやって来ました。

三ツ石と朝日を絡めて撮るのは
年に数回しかできません。

まだ少しだけ早いのですが、
第1回目の挑戦です。

この日は潮位も低く、比較的撮りやすい。

ただ風が強かったので、不安要素はてんこ盛り。

水平線近くには雲があり、
今ひとつのコンディションでした。

水平線からの日の出は諦めましたので、
ちょうど三ツ石の上に朝日が来るように
撮影ポイントを移動して撮りました。

何とか朝日と三ツ石を思い通りの位置で撮れました。

第1回目の撮影としては成功と言ったところでしょう。

それにしても、
水平線にあった雲も朝日が昇ってしまえば
消えてしまっています。

もう少し早く雲が流れてくれてれば
良かったのですがね。

というわけで、
第2回目の撮影も考えなければ…
今回は数回この三ツ石に通いたい。

三ツ石の好きな方は
何度も通っていると聞きましたが、
ここまで何度も来るのも大変なので
確実な日を選んで挑戦したいですね。

薄明の頃の三ツ石の投稿は
[朝焼けの三ツ石]をご覧ください。

このポストにも日の出前の写真がありますが
結構沢山撮っていましたので
ついでに掲載しました。

真鶴岬の三ツ石と日の出を絡める撮影は
年末年始あたりに撮影できます。

初日の出の撮影なんかは最高かもしれませんね。

東京からなら真鶴半島へのアクセスは
比較的楽に行けますので、
おすすめではあります。

三ツ石を撮るのは、真鶴岬からなら
山陰に入らぬ限りは撮れますが、
朝日と絡めて撮るには、ある程度工夫が必要です。

掲載した撮影ポイントは、
広角で撮ると、本当に何も無いので、
朝日を待っている間、意外と何も撮れません。

朝日の撮影ポイントを確保してから、
カメラと三脚だけ持って、
うろうろ撮影したいのですが、
割と大きな石を踏みしめて歩くので
かなり負担があります。
ほとんどが、20cm位の楕円の石なので
足下を取られます。

あとは…星でも撮影しながら待つばかりかな…

というわけで再度訪れるであろう
三ツ石と朝日の撮影でした……

日の出や夕日を撮影するのに良い時期や時間を調節しよう!
写真を楽しむ[撮影アイテムブログ]では
[朝日や夕日を計算通りに撮る方法]
[朝日や夕日の撮影アイテム-LightTrac]
を掲載しております。合わせてご覧ください。

使用フィルタ

関連の記事(広告も含まれます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-朝日・朝焼けの写真
-, , , , ,

Copyright© 空と海…繋がる世界 風景写真ブログ , 2017 AllRights Reserved.