日中の写真

東京の渓谷へ涼を求めて…

更新日:

涼を求めて目的地へ向かったら…
なんとお気に入りの場所への林道が崖崩れ。
通行禁止になっていたので、
目的地に辿り着けず…
しかたが無いので、途中の待機スペース
崖ギリギリの所に駐車して何か撮ろうと考えた。
沢に降りれる所があったので、
川の流れでも撮っておこう…
PCの場合は画像クリックで拡大されます。

海沢渓谷

[sponsor PR]

海沢渓谷

海沢渓谷

海沢渓谷

海沢渓谷

海沢渓谷

海沢渓谷

海沢渓谷

[sponsor PR]

目的地へのアクセスが崖崩れなんて…
撮りたかったものとは違うけど、
消化不良で何か撮らないと気が済まない。

空は良い雲が出て青空もある…
この場所は、木々に覆われて、空も狭い所。

さて…どうするべ…何撮るべ…

約20cm〜60cmの高さの落差。
滝とは呼べませんね…ww

ND8を付けて水の流れでも撮りましょう。

奥は必要ないから、ハーフND4も付けちゃおう!

ヌメっとさせてみようかな…

などと、色々な事を考えながら撮影していました。

なかなか良いラインが出ませんでしたが、
やっぱりこの撮り方は好みです。

長時間露光していないのも撮りましたが、
やっぱり…あまり魅力を感じなかったので、
掲載はしていません。

長時間露光で5秒も30秒も大して変わりがなかった。

川に入る予定が無かったので、
装備が普通です。

カメラバッグから、リュック型のカメラバッグにチェンジ!
必要な物だけを入れて、沢まで降りました。

こういう浅い沢は、やっぱり水の中に三脚をセット!
足は…
思い切ってそのままザブン!
どうせ車だし…

ただし、お尻まで濡らしたくないので
三脚の高さは、低くても60cm位。

しかし、この沢は高低差があまり無いので、
目線は高くても良さそうだ…

スローシンクロも試してみたかったな…
ストロボが必要とも思わなかったので
リュックには入れず…
今更、車に戻るのも面倒なので、諦めました。
ちなみに車までは、多分3分もあれば戻れる…

涼を求めて、渓谷でのんびり撮影するのも良いですね。
随分と涼んで、森の空気を楽しめました。

[sponsor PR]

東京奥多摩の渓谷の写真素材を
[奥多摩の川の流れ][奥多摩の川の流れ-写真素材紹介]で提供しております。
よろしかったらご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-日中の写真
-, ,

Copyright© 空と海…繋がる世界 風景写真ブログ , 2017 AllRights Reserved.