天の川の写真 現像方法の一例

天の川の写真 現像方法の一例

天の川の撮影方法に続き、現像について書いてみました。

こちらの投稿も初心者向けとしてご覧ください。

天の川の写真の現像方法と言っても、
アプリケーションなどの違いもありますので、
ごくごく簡単に、特殊な方法は使わず
わかりやすくシンプルに現像してみました。

従って、私の現像の方法では無いかもしれません。
そして、あくまでも一例という事をお忘れなく。

千差万別の現像方法がある事をご了承ください。
PCの場合は画像クリックで拡大されます。

[sponsor PR]

天の川の写真 現像

天の川の写真 現像方法の一例

まず、簡単に説明しますと、
1/4の写真は、
全く手をつけていない物です。
皆さんが言う、いわゆる撮って出し…と言うものです。
RAWで撮影した物を、そのままjpegに落とした物です。

2/4の写真は、
コントラストを少しだけ強くした物です。
その他は全くいじっておりません。

3/4の写真は、
2/4の写真からホワイトバランスをいじった物です。
色温度を4500位までスライドさせています。

4/4の写真は、
さらに色温度を4300くらいまでにし、
コントラストをさらに強くしています。
さらに明瞭度を上げ、彩度を少し上げた物です。

なんとなく違いがお分かりでしょうか?

さて…どれが良いかは、ご自身の作品のスタイルによりけりです。

1/4以外は、どのように現像するか…という事になります。
ホワイトバランスをいじりたくなければ、
2/4の写真をもう少しコントラストを強めにしても良いでしょう。
この段階で、明瞭度を出しても良いかもしれません。

※明瞭度はシャープネス機能のようなものです。
アプリケーションによって異なります。

私の場合は、3/4と4/4の中間あたりで、
色調整します。

4/4までいくと、色むらが目立ってくるので、
奇麗か?というと疑問が残ります。

もうひとつは、
星景写真の場合は、建物の色やその他の「物」の色が
あまりにも違うような感じになってしまう可能性がある事も…
その場合は、実際の「物」の色を基準に色調整する必要が出てきます。

私の現像の基準は、
雲のない空は夜中だって「青い」というのにこだわっています。
殆ど黒ではありますが、青が基本です。
ですので、色温度も5000〜4000の間で現像します。
もちろん、薄明の時間や、目で見ても青い場合は、
色温度を下げる必要もありません。

さらに言うと、
何も、現物と同じ必要性は無いと思っています。
記録写真であれば、いかに忠実に再現するかも大事ですが、
作品としての現像に制限などはありません。

実際に写真は目で見た通りに再現するのは無理です。
かなりいじらないと再現できません。
(物によりけりですから突っ込まないでくださいね)

他の写真と違って、
天の川の場合は、見た目通りなら、雲のような感じになります。
1/4の写真よりもぼんやりしています。

[sponsor PR]

さて…
ここまで書いておいて…ですが、
1/4のように撮影されていない場合は、
全く違う現像になると言う事になりますね。

1/4のカメラデータは
30.0 秒;   f/3.5;   ISO 4500になります。
レンズは、DXフォーマット10mm-f3.5です。

天の川の撮影方法[初心者コース]でご説明した方法で
お試し頂いた後、挑戦してみてください。

上記の投稿で出している写真では、
2枚の空の色が違うと思います。
それは、手前の建物との関係や、全体的な構図に合わせて
現像していますので、どれが正しいと言う物ではないと思っています。

今回の天の川の撮影関連の投稿は、
[天の川を撮ろう!群馬編-1]
[天の川が見たい!群馬編-2]
[薄明の天の川と朝焼け 群馬編-3]
[天の川観測スポット 群馬編-4]
色々な構図で撮影してみました。

あわせてご覧頂ければ嬉しいです。

天の川関連の投稿は[天の川関連ポスト]をご覧ください。
様々なシチュエーションと、天候の違い、現像方法の違いを
ご確認できるかもしれません。

最後に4/4が私にとっての完成ではない事を
繰り返しお断りしておきます。

また、現像方法と、うたってますが、
現像前の写真がどうなっているのかによって、
全く異なりますので、これ以上突っ込んだ説明ができなかった事を
お詫びしておきます。

画像処理のおすすめ書籍

関連記事(一部広告含む)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyrighted Image(この画像は著作権で保護されています)