空と海…繋がる世界[風景写真ブログ]

空と海…朝陽と夕陽…風景写真を目一杯楽しむ風景写真ブログ

夜の写真 月と星空の写真

南伊豆で7月の天の川撮影〜伊豆最南端の星景写真スポット!限りなく光害の少ない静岡県のポイント

更新日:

南伊豆で7月の天の川撮影〜伊豆最南端の星景写真スポット!限りなく光害の少ない静岡県のポイント
南伊豆に天の川を眺めにやってきた…
天の川を眺めるか…眺める暇無く天の川を撮るか…
とにかく…眺めなが撮っていた。

南伊豆は遠い。ひたすら遠い。
この日は短時間勝負である。

22時を過ぎると雲が出てくる予報である。
それよりも…薄いもやが掛かっています。

この場所は星の観測をするには適した場所ですが、とにかく遠い。

有名な場所にもかかわらず人が少ないのはこの遠さでしょう。
かなりのんびりと撮れる余裕がないとアクセスできません。

南伊豆から見える天の川は、
どこからでも綺麗ですが、天の川とロケ地の景観を撮ろうとすると
意外にも限られているのかもしれません。

その時の時期と時間によっては、
南伊豆を行ったり来たりして撮影地を決めることもありますね。

写真:南伊豆の天の川(あいあい岬)
南伊豆で7月の天の川撮影〜伊豆最南端の星景写真スポット!限りなく光害の少ない静岡県のポイント

[sponsor PR]

南伊豆の天の川(あいあい岬)

南伊豆で7月の天の川撮影〜伊豆最南端の星景写真スポット!限りなく光害の少ない静岡県のポイント

[sponsor PR]
写真:南伊豆の天の川(あいあい岬)
南伊豆で7月の天の川撮影〜伊豆最南端の星景写真スポット!限りなく光害の少ない静岡県のポイント写真:南伊豆の天の川(あいあい岬)

[sponsor PR]

南伊豆の場合、私の天の川の撮影ポイントは4カ所です。
そのひとつがこちらになります。

2枚目の写真のTOILETが…目印です^^
この場所での天の川の写真は、別の投稿にありますが、
その時の投稿は、海からの天の川です。

この時期は海からの天の川はちょっと無理です。
となれば、あと2箇所の撮影ポイントへ移動すれば
海からの天の川が撮れます。

実はここで海からの天の川を撮るつもりで寄ったんですが、
時期的に無理だった事が到着して解ったのでした。

まぁ、致し方ない…
まだ横たわる天の川をここで撮っておこう。
というわけで、撮影開始しましたが、
この場所には、誰も居ません。

ここは、誰かしら先客が居るんですが、
この日は誰も居ませんでした。
これは…好き勝手やれる!
でも…独りだし。

とりあえずストロボたいてみよう…
対象物が味気ない。
ストロボの意味があまり無い。

誰か居たら踊らせるのに…

というわけで…移動!

別のポイントに到着してみると。
確かに海からの天の川は見える…
1枚撮ってみた。

薄いもやが掛かっているようです。
あまり良い写真になりそうにも無いので、
この日の天の川の撮影は最初の1カ所だけで中止にしよう。

ここまで来て…

夏休みに入る前に撮っておきたかったなぁ〜
この辺り一帯は、夏休みになると観光客で一杯。
特に海からの天の川狙いの海岸は、海水浴場だし。
花火などで遊ぶ人達が増えるであろう…

砂浜で花火は許せるけど、
海に向かって打ち上げ花火などされた日には…

さて…今回の天の川の撮影は、
薄いもやが掛かっている為に雲はないが今ひとつでした。

誰もいなかったのに遊び写真を撮る事もできなかった。

1.2枚目の写真は、ホワイトバランスを変えて
かなり青っぽくしてみました。

まだまだ夏の天の川を撮るチャンスは沢山ありますので
リベンジしたいと思います。

南伊豆は、海と天の川が撮影できるのが最大のポイントですね。
時期と時間によって、場所を移動しながら撮れば
いずれかで海と天の川が撮影できます。

この場所は、風が強くなる場合もありますので
天候だけでなく風も考慮しなければなりません。

その他の地域で撮影した天の川などは、
天の川関連の投稿[天の川関連ポスト]をご覧ください。

天の川を撮影する方法については
[天の川の撮影方法(初心者コース)]をご参照ください。

当ブログに掲載されていない天の川の写真ギャラリー
[Gallery-天の川]もよろしかったらご覧ください。

-夜の写真, 月と星空の写真
-, , , , , ,

Copyright© 空と海…繋がる世界[風景写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.