当ブログの新規更新は下記ブログに移行しました。
写真を楽しむブログ

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

雲海の中の富士山は美しい。
富士山の登山道の光跡が目立つようになりました。

2013年は富士登山客が倍増しますね。

富士山から見える雲海も良いですが、
富士山自体は見えないので、やはり富士山が見える雲海が良いですね。

雲海の中にそびえる富士山はとても雄大です。


街明かりに照らされる雲海

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

雲海にそびえる夜の富士山!眼下の雲海を照らす街明かりが幻想的!

夜に星を撮りに行くと、雲は天敵です。でも、雲の上は大歓迎。

眼下に雲海を眺めながら、天を仰げば星が瞬く…
そのような光景がこの場所では見られます。

遥か彼方には富士山が堂々と鎮座し、
雲海が発生するとその高さを誇るように姿を見せます。

街並の明かりが雲海を照らすと、
間接照明のようにぼんやりと雲を浮かべます。

やがて夜明けが近づくと、雲海の光と、空の明るさが同じになり、
雲海と空の隔たりを無くします。

陸と空が繋がったようになると、不思議な感じになりましたので、
少しズームして撮ってみました。

このような雲海は、年中見られますが、
夏なら、気温を気にせず、眺められますね。

これから登山の季節ですが、少し高い山に登ってみるのも良いですね。
私は上から見下ろすのではなく。

下から見上げるのが好きなので、この程度の山しか行きませんがねwww

駐車場から10分が基本です(笑)

さて…この日の装備を計測してみました。
三脚や、カメラバッグ込みで25.6kgでした。

2013年は、ようやく念願の撮影方法を試せる気がします。
もっとも、全ては天候に左右されますので、撮れるかどうかは解りませんが…

まだまだ雲海の撮影にも課題が残されているので、
これからも時間があれば、雲海の撮影に挑戦したいですね。

この投稿以外の雲海のポストは[雲海の記事]をご覧ください。

東西雲海が観れる景色は全国にありますが、東京からのアクセスも程よい雲海スポットはどこにある?時季的には初夏から秋にかけて雲海を見るチャンスは増えるでしょう。

関連記事(一部広告含む)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyrighted Image(この画像は著作権で保護されています)