小動物の撮影 リスと触れ合う

小動物の撮影…
まず殆ど動物は撮りませんが…
気分転換で撮るのは楽しいですよ!
というわけで、今回はリスを撮影してみました。
が…しかし!
リス君はかなりすばしっこい!
PCの場合は画像クリックで拡大されます。

小動物の撮影 リスと触れ合う

小動物の撮影 リスと触れ合う

小動物の撮影 リスと触れ合う

小動物の撮影 リスと触れ合う

小動物の撮影 リスと触れ合う

小動物の撮影 リスと触れ合う

ヤバいです!
風景写真のブログが段々おかしくなってきました(笑)

いえ…私にとっては、これも風景写真用の練習です。

リスの撮影ですが、
狙っていたのは、木から木へ飛び移る瞬間。
あるいは、駆けているシーン!

まったく撮れません(笑)

今回のテーマが全く撮れないのは残念。
三脚なしの撮影も久しぶりです。

人懐っこいので、近くには来てくれますが、
当然ながらポーズは取ってくれません。

レンズフードにガバッと!とか
カメラに乗っかるとか…
リスは好奇心旺盛です。
その姿を撮るには、もう一台カメラが必要です。

しかし、暑い!
リスも涼しい地べたでおなかをべったりしています。
撮ってはいるんですが、あんまり奇麗じゃないのでww

座って撮っていると、後ろでガサガサ…と
ウエストポーチの隙間をカリカリしています。
本当に好奇心旺盛。

このような小動物の撮影には、割とこだわりがあって
見上げる感じで撮りたいんです。

4枚目の写真は、カメラを地べたに置いて撮影しています。
もちろんファインダーは覗いていません。
バリアングルではないので、勘です。

上からの目線だと、どうしても平凡になってしまうし、
背中しか撮れませんので、つまらない。

なんとか、上に来てくれないかと、願っていましたが、
なかなか上手くはいかないようです。

一度、このような小動物にハマると、
次はこう撮りたい…というのがありますので、
動物園に行くか?みたいな…

こういう時って、えさをあげている子供とかが居ると、
リスも集まってきて良いんですよね。
まぁ、実際そういう親子連れも居ましたがね。

たまには、小動物と触れ合うのも良いですね。
わずかな時間ではありましたが、
普段とは違う撮影ができて楽しい時間でした。

リスと触れ合う…おっさん…
まぁ良いではありませんかww


横浜ウォーカー2018夏(7/19発売)
p60〜p61に掲載いただきました。

掲載関連記事「城ヶ島での星空撮影!
城ヶ島の星撮影に出かける時、湘南や鎌倉のグルメスポットもチェックしておきたいですね!

ぜひお手元に!


Posted by pix524