空と海…繋がる世界[風景写真ブログ]

空と海…朝陽と夕陽…風景写真を目一杯楽しむ風景写真ブログ

月と星空の写真

3日間の月の入り

更新日:

2012年3月25日・26日・27日の月の入りです。
インターバル撮影によってコンポジットしました。
普段あまりやらない事ですが、
仕事の関係でじっくり撮影ができないので
ベランダからの自動撮影です。
すでにこのブログでも公開している写真ですが、
いわゆるおまとめとして並べました。
PCの場合は画像クリックでご覧ください。
スマートフォンは横位置がお勧めです。

3日間の月の入り[2012.3.25]

3日間の月の入り[2012.3.26]

[sponsor PR]

3日間の月の入り[2012.3.27]

上から順番に25・26・27日です。
それぞれの位置が変わっているのが解ると思いますが、
実は、月を中心に撮っているので、
スタートが異なります。
金星・月・木星の並びとして、スタートが合っているのが
2枚目の写真になります。

[sponsor PR]

特に3枚目の写真でスタートを合わせると、
木星の出現率が少ないので…
というよりも、ワイド版にトリミングされていますので、
実際はこの上にも月は存在します。

それぞれ撮影のデータは異なります。
まだ、勉強中ですので、色々な方法を試しています。

月の間隔は、月が1個分と少々になるようにしました。
満月の場合は、もう少し間隔を空けた方が綺麗だと思います。

それぞれの時間帯が異なるため、
絞りとシャッタースピードが異なります。
ISOも異なります。

地球照も写りつつ、星の細さも見せたい…
もっと試行錯誤が必要です…
というよりも、己の未熟さに凹みました。

マンションの形で解ると思いますが、
3日間で、こんな感じで移動します。

前にも書きましたが、
26日の月、1個分の欠落は雲の為です。

撮影のポイント:
このようなインターバル撮影とコンポジット合成は、
インターバル撮影機能が無くても撮影可能です。
ただし…根気が必要かな?

つまり、秒単位ではないので、自分でシャッターを押せば良い。
掲載の写真のようにするならば、
3〜5分間隔でシャッターを切るのを繰り返し、
コンポジット合成すればできます。
コンポジット合成に関してはwin・macともに
フリーのアプリがあります。

アラームにでもして、1時間程撮れば充分です。
数秒の誤差は関係ありませんよね。
そんなに厳密ではないので。

逆にインターバル撮影機能がある場合は、
その半分の間隔…もしくは、3分の1の設定をお勧めします。
雲、もしくはその他の障害で、途切れた場合の保険です。

絞りやシャッタースピードは、
その時と場所の明るさによりけりになりますので、
何枚か普通に撮影して確認後、インターバル撮影を開始。

こんな感じですので、
こんな写真を撮りたい場合は、ぜひ!^^
これはあくまでも月の撮影の場合です。
星の撮影に関しては、まったく異なりますので、
ご注意を!

[WallpaperDaystory]が順調でございます^^
524selectで掲載しております画像が壁紙用として
ダウンロードできます。

よろしかったら524select.comのトップページもご覧ください。
最近の5投稿のサムネイルが表示されております。見逃さないでね^^
お気に入りの写真がありましたら、tweetボタンで是非コメントを!

-月と星空の写真
-,

Copyright© 空と海…繋がる世界[風景写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.