夕日・夕焼けの写真

木金月が並ぶ日に…

更新日:

木星・金星・月が縦列する日…
出かける訳にもいかないので、ベランダで…
日没前には雲が沢山でした。
張り付いても居られないので、カメラを設置。
刻一刻と変化する光量なので、
絞り優先にして設置しました。
PCの場合は画像クリックでご覧ください。
スマートフォンは横位置がお勧めです。

木金月が並ぶ日に…

木金月が並ぶ日に…

木金月が並ぶ日に…

木金月が並ぶ日に…

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

日没前からのインターバルは非常に難がある。
光量が全く違うので、難儀である…
しかもND4を付けている。

仕方が無いので、日没後暫くまでは
日没・薄明バージョンの絞りで設定しておこう…
まてよ?
今これを書きながらふと思ったけど、
トワイライト設定ってものがあるが…どうなんだろう?
まぁいいや…

というわけで、何だか素敵な面白い夕景でしたが、
絞りが足りなかったのか…飛んでますww

実は、
月が出てくるだろう位置に合わせていたので、
日没のセンターがずれています。
で…月は…
なんとこの後巨大な雲が出現して、
この位置から始めるのは、非常にリスキーな事に…

仕方が無いので、アングルをずらして、
最初からやり直しである…
(こんな事なら太陽をセンターにしたかった…)

それが4枚目の写真になります。
予定では、かなりの長さで設定していたのですが、
雲のおかげで思ったより短くなってしまいました。

このインターバルは、
月の大きさ1個分の間隔で設定。
満月の場合ならもっと空けた方が良いでしょう。

見て解るように、月が一つ欠落しています。
これは、雲によってかき消された時間です。
もったいない…

実際は、かなりの雲がうごめいております。
実は撮り方を変えました。

この撮影方法だと、雲は止まっています。
ごくごく当たり前の事ですが、
次回からこの撮影方法に切り替える事にします。
インターバル撮影をやった事のある方は解ると思いますが、
この撮影方法だと、多少の雲の場合は写らない。
(星の場合は無理でしょうね…)

ただ…完全に月や星が消えてしまえば、
ご覧の通り欠落する事にはなります。

雲がある場合にインターバル撮影をすると
雲の流れの切れ方が非常によろしくない!
台無しになってしまいます。

[WallpaperDaystory]が順調でございます^^
524selectで掲載しております画像が壁紙用として
ダウンロードできます。

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

よろしかったら524select.comのトップページもご覧ください。
最近の5投稿のサムネイルが表示されております。見逃さないでね^^
お気に入りの写真がありましたら、tweetボタンで是非コメントを!

関連の記事(広告も含まれます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-夕日・夕焼けの写真
-, , ,

Copyright© 空と海…繋がる世界 風景写真ブログ , 2017 AllRights Reserved.