太陽の黒点の撮影

太陽の黒点の撮影
風景写真のブログ[空と海…繋がる世界]へようこそ!
太陽を撮ってみた…(笑)
手持ちぶたさ……みたいな感じだったので、
黒点を撮ってみました。
これから日が沈もうとしている時刻ですが、
たまたま商品の撮影をしていたので、
カメラを出していました。
仕事以外でカメラをいじってなかったので
ベランダから狙ってみました。
写真は画像クリックで拡大されます。

[sponsor PR]

太陽の黒点の撮影

太陽の黒点の撮影

[sponsor PR]

太陽の黒点の撮影

黒点は端っこですが…
本当に久しぶりに外の景色を撮ってみました。
三脚は室内で商品撮影をしていたので手持ちでした。

太陽の撮影したおかげで、暫く室内の作業ができませんでした。
眩しい……
パソコンの画面に太陽がいっぱい付いてくる…(笑)

黒点を撮る訳ですから、フィルタが必要です。
今回はND400を付けて太陽を撮影しました。

絞って絞って、ND400越しの太陽ですが、
太陽はやっぱり眩しかった。

以前の金環日食の時もそうでしたが、
特別に真っ暗な10000以上とかのフィルタを使う必要はありません。
ND400でも十分黒点は撮れます。
ただ…目が…(気をつけてください)
ND400だって真っ黒ですから、普通の風景は見えません。
※シャッタースピードと絞りが対応してればの事です。
今時の一眼レフカメラなら大丈夫かと…

とても良かった金冠日食の記事は
[2012.5.21金環日食]でご覧ください。

1枚目の黒点の写真はもちろんトリミングしています。
300mmで撮っていますが、
トリミングしないでこの位だと500mm以上必要ですね。

300mmの望遠でも伸ばしきったら当然ブレやすいですが
相手が太陽なので、シャッタースピードも早いから大丈夫。

興味の無い方は、「だから何…」という写真である。

以前は三脚を立ててベランダからの夕景も撮影していましたが
夕景方向にマンションが数棟できてしまい、
望遠レンズなんかで狙っていると、
とっても状況的にマズいので、ここ数年は撮っていません。

我が家のベランダからは、富士山も見えますが
その富士山もやはり見える広さが狭くなりました。
[ベランダからダイヤモンド富士]の時もそうですが
以前は富士山の右の建物はありませんでした。

この辺りは西向きの窓有りで6階程度に住めば
富士山も綺麗に見えるんですがね〜
もちろん建物がすぐ側に無ければ…ですが。
ちなみに撮影している我が家のベランダは3階です。

という…
全く関係ない話ではありますが…

まぁ…とにかく黒点はそんなに難しい事をしなくても撮れる…
と言う事でしょうか。

フィルタは必ず付けてください。
ファインダーを覗くのもあまり直視しない方が良いですが
どうしてもしっかり見たい場合は、液晶モニタで見る方が
目には優しいと思います。

とか言いながら、私の場合はND8程度で
朝日や夕日を撮影している時はファインダーでガン見で
ピント合わせや構図を見たりしていますが…

みんなどうなんだろう?

どちらにしても目には良くないとは思いますが…ね。

まぁ…
日中よりも朝日や夕日の時間なら多少減光されていますが、
日中は、本当に目に悪いですから…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyrighted Image(この画像は著作権で保護されています)