日中の写真

雪景色-霧氷の撮影

更新日:

風景写真のブログ[空と海…繋がる世界]へようこそ!
晴れた冬の朝、標高1600mの高原に居ました。
霧氷の撮影が目的でやってきましたが、
ちょっと雪も減っていました。
それでも木々は花を咲かせたように
白く輝いています。
日が昇ってかなり経っていますが、
この日は雲ひとつない快晴です。
PCの場合は画像クリックで拡大されます。

雪景色-霧氷の撮影[霧ヶ峰][Fog deposit-japan]

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

雪景色-霧氷の撮影[霧ヶ峰][Fog deposit-japan]

雪景色-霧氷の撮影[霧ヶ峰][Fog deposit-japan]

雪景色-霧氷の撮影[霧ヶ峰]
[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

雪景色-霧氷の撮影[霧ヶ峰][Fog deposit-japan]

雪景色-霧氷の撮影[霧ヶ峰][Fog deposit-japan]

[sponsor PR]
<中古カメラ・レンズ>
[マップカメラ楽天市場店] [カメラのキタムラ]

日の出前に到着した長野県の高地…
日の出も撮らず、掲載の撮影ポイントにやって来ました。

この場所に来るまでは、車にも遭遇しない。
除雪されてはいるが、アスファルトは見えない。
車を降りて道路上の雪の深さをチェック。
10cm程の雪が道路を覆っていました。

この雪道への食いつきを試すべく、
急ブレーキをかけてみる…
なるほど…良い感じである。
当然安全を確かめてやっています。

さて…チェーンは必要無さそうなので
このまま数キロ先の撮影ポイントへ向かう。

途中途中で、霧氷の良い感じの木があると、撮影。

撮影ポイントに到着した時は、日が高くなっていました。

霧氷は逆光の方が美しい!
だけど…うまく撮れない…

桜の撮影を思わせる感じである。

雪は降っていませんが、
地ふぶきで雪が舞います。

良い感じの玉ボケができない!
レンズに付いた雪を落としつつの撮影で
なかなか枚数が撮れない。

良い場所だと向かい風でレンズに雪がつく。
風向きが変わってほしかったなぁ〜

イメージに近いものが無かったが、
今季もう一度くらいこの場所で撮りたい。
次回は人用と三脚用のスノーシューが必要だ。


関連の記事(広告も含まれます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-日中の写真
-, ,

Copyright© 空と海…繋がる世界 風景写真ブログ , 2017 AllRights Reserved.