外大野のしだれ桜を撮影〜2016茨城県大子町の桜散策旅!撮影スポットと開花状況提供者に感謝

外大野のしだれ桜を撮影〜2016茨城県大子町の桜散策旅!撮影スポットと開花状況提供者に感謝

風景写真のブログ[空と海…繋がる世界]へようこそ!

茨城県大子町外大野のしだれ桜を撮影してきました。

が!ろくな写真がないぞ!

やっぱり手持ちじゃなくてしっかり撮らなければ…

もしかしたらここ外大野のしだれ桜は、夕方あたりが良いのでは?
もしくは夜か早朝のような気がする。

スナップ写真になってしまった(笑)

この日は高萩市に用がある。
当初は、前日入りして夜の撮影場所を考えていましたが
どうにも思った天候ではないようです。

月齢も良いタイミングだったのに残念でした。

根性があれば朝だけでも撮影できたのですが…根性がなかった。

という事で、思ったよりも早く現地入りできる事を確信したため
急遽道を外れて大子方面へとアクセス。

途中で気がつき10kmほど元来た道を引き返しましたが…
引き返したために行けた外大野のしだれ桜。

写真:茨城県大子町外大野のしだれ桜
外大野のしだれ桜を撮影〜2016茨城県大子町の桜散策旅!撮影スポットと開花状況提供者に感謝

広告

外大野のしだれ桜

この日茨城へと向かう事をある人物にメールしました。

とってもたくさんの茨城情報を提供してくれて感謝です。

そう…その人物とは、当ブログを通じて知った方で
茨城県を中心に素敵な風景を収めている
[makotoigari-fieldwork]のmakotoさん。

残念ながらお互いの予定が合わず一緒に撮影はできませんでしたが
また機会が訪れることでしょう。
それまで楽しみにしたい「予定」でもあります。

そのmakotoさんが教えてくださった一つが、この外大野のしだれ桜。

場所的なことを考えて、一度行ってみよう!と思いました。
他にもたくさんありましたが、時期的な要素で外大野を選びました。

最初から、時間的には良い写真は撮れないだろうと思っていましたが
場所だけでも…という気持ちでした。

案の定…ろくな写真は撮れませんでした。
これはじっくりと撮らなかったという事。

来ただけで満足してしまったので、
本当に軽くしか撮りませんでした。これが敗因。

写真そのものは失敗したなぁ〜という感じでしたが
アクセスできた事で満足したので、
これはこれで良い!

フィルタも使ってなければ三脚すら使っていない。
観光地巡り的に撮ってしまった。

それでも良いのです。余は満足じゃ。

大子町外大野のしだれ桜

小山の斜面になる外大野のしだれ桜。

茨城県指定の天然記念物で、
正式には「外大野のシダレザクラ」とカタカナ表記されています。
地元では俗に「下大倉の桜」と呼ばれているそうですね。

しっかり説明看板も撮るようにしていますので
後から見ても解るようになりました(笑)

今まではそのような事はあまりしなかったんですけどね。

伝承によると水戸光圀公が手植えし、
「他所へ移されても根付くな」と言ったそうです。

外大野のしだれ桜を撮影〜2016茨城県大子町の桜散策旅!撮影スポットと開花状況提供者に感謝写真:茨城県大子町外大野のしだれ桜

外大野のしだれ桜を撮影〜2016茨城県大子町の桜散策旅!撮影スポットと開花状況提供者に感謝写真:茨城県大子町外大野のしだれ桜

私が風景写真を撮影する時は、横位置の写真がメインですが不必要でも縦位置の写真も押さえておきます。

ただし縦位置の写真はブログには掲載しないのでお披露目していませんが、縦位置だからこその良い写真も沢山あります。

いずれ縦位置写真コーナーも作ってみようかな?

今回も縦位置のものも押さえています。

でもやっぱり三脚とフィルタくらい使わなきゃ!ですね。

最後の写真はこの外大野のしだれ桜の枝っぷりがとても素敵だったので逆光で桜の木かどうかも分からないだろう写真も撮っておきました。

ソメイヨシノなどは寿命もあるようで都内の桜並木などの桜が伐採されています。

広告

近所の桜並木で有名な道路も昨年までは桜のトンネルが楽しめたのに今年は道路の上の枝が全て切り取られ桜のトンネルではなくなりとても寂しい状態になっていました。

確かに道路上に枝が落ちると危ないので伐採も致し方ないのでしょう。

ソメイヨシノは一般的には寿命が60年という事らしいですが日本最古のソメイヨシノは樹齢100年を超えているものもたくさんあります。

青森県弘前市にある弘前城の桜が有名ですね。

ソメイヨシノだけでなく頑張っている桜!
桜の撮れる季節に全然撮れなかったのは悔やまれますが桜だけは、毎年撮りたいと思っています。

外大野のしだれ桜!

樹齢三百年を超えるという桜の木も保存が大変でしょうがこのような見事な桜を見ると、いつまでもこの景色が残るように祈りたい気持ちになります。

2016年はしだれ桜が見れたのは、この外大野のしだれ桜のみ。
近所のしだれ桜も見に行けませんでしたので外大野のしだれ桜が見れた事は、私にとって、とても良かった出来事。

自分の目でシャッターを切り記憶として現像保存できるのはうまく撮れなかった時でも撮って良かったと感じます。

この地に行けたことに感謝。

改めてご紹介(推薦)いただいた[makotoigari-fieldwork]のmakotoさんに感謝です。

よろしかったらリンク先のブログも是非ご覧ください。

Posted by pix524