R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

国道292号線にて、雲海からの朝日を待ちました。
R292シリーズの薄明の続きです。

雲海の薄明の時間を楽しんだ後は、
当然の事ながら雲海から出てくる朝日です。

海からでもなく、山からでもなく…雲から出てくる朝日。

何度見ても素敵なものですね。

広告


雲海からの日の出

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

R292雲海からの日の出〜神々しくも荒々しい雲の波と朝日!雲海の見える絶景ポイント

国道292号線シリーズの目玉…
雲海からの日の出です。

広告

雲の色が刻々と変わっていきます。
ブルーからピンクへ…
ピンクからオレンジへ…

毎回の事ですが、フレア攻撃が凄いです!

朝日や夕日を撮影する時に悩まされるのがフレアですが、今回は思いっきり悩ませられました。

もう!撮っていて解るので、少しずつ角度を調整しながら、最もフレアが出ないアングルで撮影します。

それでも実際は写っているのですが、よく見ないとわかりません。

このフレアを防げるのはやっぱり…ナノクリ?

今回は最初から望遠で数多く撮ろうと思っていましたのでメインカメラは切り取り型です。

そうは言いつつも、ワイド感溢れる広角の画角が好きなのでサブカメラで同時に広角で撮影しています。

撮りたい画角があったので、山の尾根の木を探しましたがこの場所からはあまり見つけられませんでした。

それでもなんとか木のある尾根を見つけたので、
撮影してみました。
ちょっと遠いですね…(^^)

あと…高低差がありすぎるかな?
本当は見上げる方が良かったのかもしれません。

広角側はハーフNDを使用しています。望遠側はND8です。

空は青く、この一日の撮影に期待が持てます。

とても良い朝が迎えられました。
雲海からの日の出は、高地に行かないと見れませんのでとても良い日の始まりを感じた時間でした。

R292(国道292号線)シリーズは撮影枚数が多く、ブログには収まりきれないのでFlickrにまとめました。

雲海の撮影地は下記の記事をご覧ください。


横浜ウォーカー2018夏(7/19発売)
p60〜p61に掲載いただきました。

掲載関連記事「城ヶ島での星空撮影!
城ヶ島の星撮影に出かける時、湘南や鎌倉のグルメスポットもチェックしておきたいですね!

ぜひお手元に!


Posted by pix524