空と海…繋がる世界[風景写真ブログ]

空と海…朝陽と夕陽…風景写真を目一杯楽しむ風景写真ブログ

日中の写真

信州路〜霧氷と青空に自然を感じる…雪と木々の冬景色を撮影!雪原と霧氷の撮影ポイント

更新日:

信州路〜霧氷と青空に自然を感じる…雪と木々の冬景色を撮影!雪原と霧氷の撮影ポイント
風景写真のブログ[空と海…繋がる世界]へようこそ!
ここのところ投稿記事も冬景色が続きます…が
まだ[秋の風景写真]の索引内になります。
詳しくは文末に記載してあります。
さて…雪化粧です。
この辺りには木々しかなかったので、木の雪化粧です。
早朝なんですが、良い青空の下で爽やか!
写真は画像クリックで拡大されます。

[sponsor PR]

信州路〜霧氷と青空に自然を感じる…雪と木々の冬景色を撮影!雪原と霧氷の撮影ポイント

[sponsor PR]

信州路〜霧氷と青空に自然を感じる…雪と木々の冬景色を撮影!雪原と霧氷の撮影ポイント

信州路〜霧氷と青空に自然を感じる…雪と木々の冬景色を撮影!雪原と霧氷の撮影ポイント

早朝の信州路。
青空が広がり空気も美味しくって爽やかです。
-4℃の表示がありましたが…「少しも寒くないわ!」(笑)
言ってみたかったんです。

霧氷…というより、若干雪が降った後の感じでした。
冷え込む朝ではなかったのですが、まぁそれなりの寒さではあります。

開けた雪原は足跡も無く、どこがどうなっているのかは解りません。
思わずやりたくなる事って無いですか?

[sponsor PR]

そう…
思いっきり大の字になって倒れ込みたい…
そして雪に跡をつけるのだ…
ここで注意してください。
そのまま倒れ込む時は、後ろからいっちゃってください。
小枝が突き出ている事があります。
マジで…
顔に当たったらお終いです。ピンポイントで目ならお陀仏です。

顔型を作る時は、ゆっくりと!

雪の下は何があるかわかりません。
知らない場所ならなおさらです。

素敵な景観の場所で人型を作らないでください!
カメラマンが泣きます(笑)

朝日が昇ってきて、雪の起伏の光と影が織りなす雪上の表情に…
やがて…人型にも…
ダメです!
撮りたくなってしまいます…

大人数で撮影会なんかしたりすると、絶対誰かがやるであろう…

東京に住んでいると、雪の利点は無いのかもしれませんね。
僅かな積雪でも交通マヒを起こします。
ほんの5cmの積雪でも事故だらけですから…

さて…雪の撮影ですが、
この写真では使っていませんがPLフィルタ使うと良いですよ!
反射の加減や晴れていたら空の青さも出しやすい。
PLフィルタを回転させて使って良い感じの所でシャッターです。

偏光レンズのサングラスを掛ける事がある方は解りますが
偏光レンズのサングラスは雪や水面を見る際にとても良いので
サングラスは偏光レンズがお勧めです。

そして…偏光レンズのような見え方ができるPLフィルタが良い訳です。
PLフィルタ=偏光フィルタなので同様の効果があり、
PLフィルタは回転させる事によって、その効果が変わるようになっています。

水面や雪上などの撮影には期待できそうなフィルタです。
何度も言いますが、この記事の写真にPLフィルタは使っていませんが…(笑)

いつも思うんですが、How To用に比較写真を撮っておかないと…

撮り始めると自分の好きなように撮影するので、
わざわざフィルタ付け替えたりするのが…面倒。
できればレンズも変えたくない。

寒いなら、さっさと車に戻りたい…
というのが本音なんですよね(^^)

それでもどうしても撮りたいものがあったり、
どうしても、このレンズやフィルタ使わないと…という時があるから
撮影って面白いんだと思います。

こんな雪の積もった朝の撮影地だって「少しも寒くないわ!」

この記事も分類上は[秋の風景写真]になります。
雪景色の記事を探したい場合は、[秋の風景写真]や[春の風景写真]も
ご覧頂く必要性があります。
投稿月ではなく「撮影月」での分類になります。

雪景色に関しては[雪景色を撮影した風景写真]が
最も適した雪景色の索引になりそうです。



-日中の写真
-, ,

Copyright© 空と海…繋がる世界[風景写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.