空と海…繋がる世界[風景写真ブログ]

空と海…朝陽と夕陽…風景写真を目一杯楽しむ風景写真ブログ

月と星空の写真

天の川の撮影[空の風景]

更新日:

天の川が呼んでいる!
夕方辺りからそんな気がしてた…
夕陽より朝日より…そう…GPVが導いた…
隠密行動で急遽車を走らせました。
目的地までは2時間少々。
この日、夕方の東京の空は真っ白…
しかし…GPVはかの地の雲が0時から抜けると…
いざ!行かん!天の川を撮る為に!
PCの場合は画像クリックでご覧ください。
スマートフォンは横位置がお勧めです。

天の川の撮影

[sponsor PR]

天の川の撮影
[sponsor PR]

天の川の撮影

天の川の撮影

天の川の撮影

天の川の撮影

天の川の撮影

北天のISS

[sponsor PR]

夏まで待ちきれない!
そんな感じの天の川!
数カ所の候補地があるが、ここに行ってみよう!
というわけでやってきた…

我が家からは高速を使うと2時間弱。
行きは様子を見ながら、全て下道を使った。
迷いがあったからだ…

あっ、もしかしたら、少しはまともに撮れたみたい…

ただ…
この場所は、この方向には光害がある…
まぁ…仕方ない。

にしても…明るいレンズが欲しくなる夜でした。
肉眼では、雲がかかるような感じで見えます。
これが、夏の天の川ならクッキリと見えるし、
クッキリとカメラでも天の川を捉える事ができるでしょう…

ちなみに3枚目の写真は、焦点距離を変えた時に、
ピントがそのままで、ピンぼけしております。

流れ星も4つほど確認しましたが、
毎度の事ですが、撮ってません。
なんでかなぁ〜ww
位置を変えたり、何かやってる時に限って流れるんです。

さて…天の川を中心にした、カットとして
念願の撮影方法を試せる時がやってきたわけですが、
撮影している途中で気がつきました。

レンズが曇っております…
え?
というわけで、一応用意していた、
自作のレンズ保温機を試す時がやってきた!
1時間程の有効機能だが…
なんと!良く働いてくれました!
自作のレンズ保温機は
[カメラレンズ保温システム]のポストご覧ください。

真夜中のこの場所…
標高は1,600mですが、もちろん…というか誰もいない。
鹿の鳴き声がします。
この辺りは、熊も出没注意の看板もあります。

iphoneで音楽を鳴らしながら撮影です。

撮影時に…なんと!
懐中電灯の電池が切れました!
真っ暗です!
この場所は斜面になっていますので、こけたら…下まで転がりますww

まぁ、それは良いのだが、誰か来るとびっくりするだろうから、
何か灯りは無いものか…
しかたないのでiphoneをONにしておく事にしました。

しかし…この場所は意外と過ごしやすい!
地平線は、東の方向しか開けてませんが、
ほぼ全方向の星空を眺める事ができます。

時間がないので、あまり撮影する事ができなかった…

とは言え、ちょっとお遊び写真も撮りたかったので、
セルフ写真を撮ってみた!

それが5枚目の写真ですが、
これは、スローシンクロで撮影しました。
フラッシュ撮影ですが、星空も撮れる設定です。

ただ…レンズフードの影が思いっきり出ています。
中央の黒い影がそれです。

いつかこの場所でも撮影会をしたいものです。

最後にISSが見えると思うので、
セットしながら、後片付けをしていましたが…
方向とインターバル設定を間違えていて、
途中からになりました。
しかも手動でインターバル。コンポジット合成です。

薄いので解らないかもしれませんが、
ISSと並行して何かが!
そう!これは……
薄いけど、撮れましたww

色んなトラブルもありましたが、
まぁ、この時期の天の川としては良いのが撮れた方ですね。

よし!今度は仲間達と…

追記
[天の川の撮影方法-初心者コース]を投稿しました。
天の川撮影方法という検索でご来訪していただきましたら、
ご参照ください。

天の川関連のポストは[天の川関連ポスト]をご覧ください。

当ブログに投稿した天の川の画像をFlickrにて
wide=1,200pixにしてまとめました。
[Flickr-天の川]をご覧ください。
まだ全てではありませんが、徐々に追加する予定です。

-月と星空の写真
-, , ,

Copyright© 空と海…繋がる世界[風景写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.