空と海…繋がる世界[風景写真ブログ]

空と海…朝陽と夕陽…風景写真を目一杯楽しむ風景写真ブログ

月と星空の写真

月の入りと日周運動[空の風景]

更新日:

自宅のベランダより…月の入りと日周運動
我が家は西の空しか写せませんが、
雲が無くすっきりした空の場合、こんな写真も撮れます。
いつも、外で撮影できない時は、
夕焼けを狙うアングルですが、
それだけではもの足りず、こんな写真も撮ってみました。
PCの場合は画像クリックでご覧ください。
スマートフォンは横位置がお勧めです。

暮れる空

[sponsor PR]

月の入りのインターバル撮影
[sponsor PR]

日周運動

[sponsor PR]

細い三日月が沈む瞬間はとても好きですので、
よく撮影しますが、今回はコンポジットで…
ただ…残念な事に、完全に沈む所はマンションに阻まれた。

まだ、夕焼けが残る頃から撮影していますので、
地平線近くが少し赤みが残っています。
夕焼けが残る薄明の頃からインターバル撮影すると、
撮影時の設定が徐々に変わっていきます。

その場に居る場合は見た目の感じで、設定を徐々に変えます。
殆ど勘の世界ですが、絞りや秒数を変えます。
今回はその場に居ない状態でしたので、
絞り優先モードにして自分は屋内で仕事をしていました。

その場に居て、設定をマニュアルで変えていた場合は
全て地球照を写す事ができましたが、
この写真の場合は途中から地球照が写り、消えています。

さて…この写真の木星・金星・月の並びの本当の組み合わせを
線で結んでみましょう…ww
わかりますかね〜(笑)

3枚目は同じ日の夜中に撮影した日周運動です。
日周運動も雲が出てくると台無しになる事が多いんですが、
この日は、条件がよく、すっきりした日周運動が撮れました。
できれば、北天や南天を撮りたいところなんですが…

この日周運動の写真も、前半半分は雲のため合成しませんでした。
前半も含めればかなりの長さになったのに…残念です。

このような感じで東京の夜空でも、星もよく撮れます。
むしろ、日周運動の場合は、明るい星しか写りませんので
このくらいの方が、撮りやすく綺麗かもしれません。
満天の星空なら、日周運動なんて撮りません。
そのまま撮ったほうが美しい…ww

私にとっては、邪道写真の部類に入る遊びの写真ですが、
こんな撮影も面白いものです。
※ここで言う邪道写真は、自分の王道写真ではないという意味
ですので誤解なさらずに。

ちなみに月の写真は数えれば枚数が解りますが、
日周運動の写真は400枚程度です。
今回はどの程度バッテリーが持つか…のテストも兼ねています。
カメラを撤収した時はカメラが思いっきり冷えておりました。

-月と星空の写真
-, , ,

Copyright© 空と海…繋がる世界[風景写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.